FC2ブログ

埼玉県立熊谷高校サッカー部

埼玉県立熊谷高校サッカー部(熊高サッカー部)のオフィシャルサイトです。

中学校訪問

さいたま市内の中学校8校訪問して来ました。

遠くでも魅力があれば、希望してくれるとのことでした。

部活も魅力の中の1つです。

今年から、授業だけでなく、部活動の体験もしてもらうことになりました。

年々公立高校を希望する生徒が増えているそうです。

サッカーの強い高校に行きたいと思っている中学生の選択肢を増やすためにも、がんばって県リーグに残り続けなければならないと改めて思いました。
スポンサーサイト
  1. 2015/06/29(月) 22:44:59|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

慶応ソッカー部

先日、慶応義塾大学ソッカー部の4年生の教え子と電話で話しました。

彼は熊高サッカー部でキャプテンを務め中心選手として活躍しました。

現在はIリーグというトップチームに入れない選手のためのリーグで頑張っています。

Iリーグのメンバーは朝6:30から練習をしているそうです。それを聞いて本当にサッカーが好きなんだなと思いました。

彼に「トップチームの控えにも入れないのによく頑張っているね」と話しましたら、「もっと上手くてもそういう奴がたくさんいますから、それは仕方ないです」という返事が返って来ました。

ただいま就活の真っ最中だそうですが、就職先にサッカー部があればサッカー部に入ってサッカーを続けたいそうです。

レギュラーになれなくてもサッカー部を辞めずに、しかも4年生になって朝練を6:30からやっている、そんなガッツのある男を企業が放っておくはずはありません。

  1. 2015/06/27(土) 00:18:58|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

プリンター事件

一昨日、研究室のプリンターが故障しました。

修理に来てもらうと、それだけで出張代11000円、技術料14000が最低必要と業者に言われました。

そんなにお金がかかるのなら、やれることは全てやって後悔を残さないようにしようと考えて、あれこれいじって、最後に「これは絶対に関係ない」と思っていた手差しの用紙トレイに残っていた1枚のB5版の用紙を外してみたところ、何故か機能が回復しました。

クラスの生徒たちに「今回のプリンター事件から学んだこと。最後まで諦めてはいけないということ。受験も試合も最後の最後まで諦めなければ奇跡が起こるかもしれない」と話しました。

思えば、大学受験のとき、担任に「受かるわけない。来年のためにもこの2月を大事にしろ。投げるなよ」と言われましたが、「絶対に受かって見返してやる」と思っていました。その結果、奇跡的に合格し「10年に1人のまぐれ」と言われました。

筑波大学を卒業してJリーガーになった教え子が「僕より上手い奴は、同期に何人もいましたが、結局、僕を含めてプロになったのは2人だけです。どれだけ諦めずにしつこく夢を追いかけることができるかどうかが大事だと思います」と話してくれたことがあります。

その男は引退を考える年齢に達したとき「僕は絶対に◯◯に就職します。元Jリーガーでその会社に就職した人は1人だけですが、僕が何としても2人目になります」と断言し、その通り、数年後にその会社の正社員になりました。

これから3年生は壁にぶつかり、心が折れそうになることもあると思いますが、何が何でも意志を全うする強い気持ちを忘れないでほしいと思います。
  1. 2015/06/25(木) 19:50:26|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

留学

昨日、サッカー部の卒業生がハンガリーの大学の医学部に合格したので報告しに来てくれました。

日本の大学の医学部より入るのは簡単だそうですが、入った後は大変だそうです。

6年後に欧州の医師免許を取得し、日本に戻って来て、日本の医師国家試験を受け、合格してからまた海外に出て医師として活動する夢を持っているそうです。

現役サッカー部員の諸君は、いったいどんな夢を持っているのでしょう?
  1. 2015/06/24(水) 00:39:41|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

早期引退

本日、夏休み前にサッカー部を離れる生徒たちの意思表示がありました。

私の大学時代の先輩、後輩、同期には、大学からサッカーを始めた仲間もいます。そして今もサッカーを通して繋がっています。

彼ら早期引退組も、希望する大学に合格し、好きなサッカーに再び関わってくれることを願っています。

そして、いつかサッカーファミリーとして、サッカーの発展のために共に汗を流してくれたら最幸です!

  1. 2015/06/22(月) 19:29:46|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

本日に結果

本日のU-18S2リーグvs浦和高校は0-0の引き分けでした。

その後に行われたトレーニングマッチは20分×3でトータル2-2でこちらも引き分けでした。

遠くまで応援に来て下さった皆様、ありがとうございました。

明日は期末1週間前です。

生徒たちも大変ですが、我々教員もテスト作りに中学校訪問、採点、成績つけと夏休みまで息つく暇がありません。

夏休みが始まったら1年生は臨海学校、我々は三者面談、その後に彩の国進学フェア、翌日から合宿、合宿から帰ると北部進学フェア、それが終わるとサザンクロスカップ、一息ついたら補習、その他にもフェスティバル、U-18、予備校での教育研究セミナーに参加しての指導法のブラッシュアップと熊高で教員をやりながら部活の顧問を続けるのはエネルギーが要ります。

アラフィフの体には堪えます。生徒たちやサッカーが好きでないとやって行けません。

ただ、彼らの達成感に満ち溢れた笑顔を見てしまうと、どこからともなくエネルギーが湧き出てきます。

あの笑顔が見たくて、サッカーも教科も勉強し続けることができます。

もしかしたら夏休み前にサッカーから離れようと考えている3年生もいるかもしれませんが、どの道を選んでも充実した顔でいてほしいです。
  1. 2015/06/21(日) 16:31:59|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

本日のU-16結果

本日のU-16vs寄居城北高校は5-0で勝利しました!

西武文理高校がインターハイ出場を決めたそうです。おめでとうございます。

我々は西武文理高校とは練習試合で引き分けていますし、昨年はU-18S2リーグで勝っています。

つまり、そんなに差はないということがよく分かりました。

熊高サッカー部も近い将来、全国大会に出場する可能性は十分にあります。その可能性を生徒たち自身が信じて疑わなければ。
  1. 2015/06/20(土) 15:16:14|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

21日の予定が変わりました!

明日、21日の試合予定が大幅に変わりました。

北部支部2部リーグのvs成徳深谷Bは激しい降雨が予想されるため延期になりました。

浦和南高校で14:00から行われる予定だったvs浦和高校は、10:00キックオフで浦和高校グランドで行われることになりました。

大雨の中の試合になるかもしれませんが、伝統校同士、お互いのプライドをかけて、素晴らしい試合を期待しています。

3年生は全員、浦和高校に行って応援する予定です。みんなで盛り上げて最幸な1日にしたいですね。

  1. 2015/06/20(土) 13:53:30|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

インナーマッスル

毎週金曜日は、母校であり息子がお世話になったラグビー部の高校1年生に走り方やステップワークを教えに行っているのですが、とても勉強になります。

同じことを熊高サッカー部の1年生にやらせてみると、いとも簡単にできることが、彼らは、なかなかできません。簡単にできてしまうと、こちらも考えたり工夫したりしませんが、なかなかできるようにならないですし、できなくて焦った顔をしているのをみると、なんとかしてあげねばと思わせられます。

今日のテーマは地面反力とコーディネーションだったのですが、地面反力を利用し、あまり筋力に頼らずに、どちらかというと表層筋よりも深層筋を使って身体を動かすコツを覚えるトレーニングをしました。

彼らは日頃の練習でアウターマッスルを鍛えに鍛えています(そうしないと体が壊れてしまうのかもしれませんが)ので、真逆の身体の使い方を要求されるので、身体と頭がパニック状態です。

そんな彼らに、こちらが要求する動きを習得させるために、あの手この手を考えます。

インナーマッスルを使えるようになった時、ワンランク上の動きを手に入れるはずです。

熊高サッカーの1年生には、地面反力を利用したジャンプベッドとキックを教えましたが、なかなか飲み込みがよく、いい感じです。

まだまだ伸び代があって楽しみです。


  1. 2015/06/19(金) 20:59:03|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

今週末の試合

今週末はS2リーグは浦和高校との試合が予定されています。

7年前に熊高に赴任した頃は、浦和高校に全く歯が立たなかったのですが、今では接戦を演じられるようになりました。

3年ほど前に浦和高校に勉強に行かせていただいた時、教頭先生が、「浦高は部活の邪魔をしない。だから模試は必ず2日間設定し、学校で受けるか大宮の予備校で受けるか、どちらか都合のいい方を生徒に選ばせる」と話されていました。

また、週末課題も出さないとのことでした。彼らは授業も部活も行事も全力で取り組んでいる。その上、週末課題まで課したら1番大事な予習ができなくなるとのことでした。

今の3年生が入学してきたら週末課題をやらせようと考えていた私でしたが、自分の考えが間違っていることに気づくことができました。

週末課題は出しませんでしたが、3年生は今のところ順調に英語の力をつけつつあります。

あのとき、浦和高校を訪問して本当に良かったと思っています。

さすが、浦高。
  1. 2015/06/17(水) 20:17:53|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

本日の試合結果

本日のU-16vs鴻巣高校入って0-0の引き分けでした。

また、U-18北部支部2部リーグvs本庄高校は3-2で勝利しました。5戦目にして初勝利です。

次節は成徳Bと2回目の対戦です。前回は0-8で敗れているので、彼らがあれから成長したのか否かわかる絶好の機会です。

6月21日(日)進修館高校グランドにて14:30キックオフです。
  1. 2015/06/14(日) 21:45:17|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

小柳ルミ子さん

たまたま帰りの車の中でつけたラジオに小柳ルミ子さんが出演していました。

驚いたことに、彼女はブラジルW杯全64試合を全て録画なしの生放送で観戦したそうです。どんなドラマよりドラマチックで感動するとのことでした。

メッシが大好きで、バルサの同じ試合を5回も6回も見ることがあるそうです。メッシはすごい選手なのにとても謙虚で努力家だから好きなのだそうです。

何度も同じ試合を繰り返し観ると、戦術、誰がどのくらい献身的に動いているのかはもちろん、ピッチの状態、選手の人柄、審判の人柄まで見えて来るそうです。

私が勤めていたJAWOC(ワールドカップ日本組織委員会)の理事を女優の真野響子さん(その前が三田佳子さん)が務めていましたが、ぜひ小柳ルミ子さんに日本サッカー協会の特任理事でもやってほしいと思いました。

我々サッカーに関わる人間の仕事のひとつに、1人でも多くのサッカーファンを増やすことがあります。

初めて高校サッカーを観戦に来た方が、汚いプレーをする、ボールを取られたら立ち止まる、わざと転ぶ、そんなプレーを観るより、フェアーで献身的な、ボールを取られたら必死に追いかけて行くプレーを観た方がサッカーを好きになってくれるに違いありません。

生徒たちには勝つことばかりに夢中になって、サッカーという素晴らしいスポーツの本質を忘れてプレーしてほしくありません。

小柳ルミ子さんがサッカーとサッカー選手の魅力を語っているのを聴いて、改めてサッカー指導者として目指すべき方向が見えました。


  1. 2015/06/14(日) 00:03:45|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

1年生保護者会

本日は1年生の親御さん対象の保護者会が行われました。

出席してくださった保護者の皆様ありがとうございました。

明日は北部支部2部リーグvs本庄高校が14:30から熊谷西高校グランドにて行われます。

初勝利目指して頑張ります。
  1. 2015/06/13(土) 23:12:11|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

本日のトレーニング

本日、1年生2回目の2軸動作トレーニングを行いました。

思いの外、動作が改善されました。

今日は他校の生徒がトレーニングに参加しました。

彼の高校にはサッカー部がないそうです。サッカーを愛している男には我がサッカー部はいつでもオープンです。





  1. 2015/06/11(木) 22:08:00|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

生徒会長

サッカー部の3年生が、生徒会長に立候補し、当選しました。

彼は新入生歓迎会では司会を務め、40キロハイクの開会式の司会も務めました。

毎年、体育祭実行委員長もサッカー部員がやることが多いですが、部活だけでなく、様々な場面でサッカー部員がリーダーシップを発揮して、学校を引っ張って行けたらいいですね。

先日、2年生4人が、大学でスポーツ科学の勉強がしたいのだけど、お薦めの大学があるか聞いてきましたので、私のスポーツ研究仲間の先生方に相談して貴重なアドバイスをいただきました。

彼らが数年後にバイオメカニクスの研究して、後輩たちに還元してくれたり、刺激を与えてくれたら最高です。
  1. 2015/06/10(水) 13:03:43|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

本日の結果

本日のvs国際学院高校は0-3で敗戦しました。

トーナメントで勝つ難しさを改めて感じました。

この経験を活かし、選手権では必ず雪辱してくれることを期待しています。

応援してくれた仲間、保護者やOBの皆様、ありがとうございました。
  1. 2015/06/07(日) 20:33:20|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

本日の結果vs越谷西高校

本日の越谷西高校とのインターハイ県予選1回戦は1-0で勝利しました。

明日は戸田惣右衛門サッカー場にて国際学院と14:00キックオフです。

応援よろしくお願いします。

また、本日、応援にお越しになった皆様、ありがとうございました。
  1. 2015/06/06(土) 22:06:30|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

教育実習終了!

今日で3週間の教育実習期間が終了しました。

私が担当したサッカー部OBの卒業生は、この3週間で多くのことを学んだと思います。

4年前に実習生を担当したときは、生徒に一言ずつコメントしてもらい、採用試験に向けてモチベーションビデオを作ったり、実習生にとって少しでも実習期間が充実するように気を遣いました。

しかしながら、今回はあまり手を入れないようにしました。

イチロー選手の育ての親の故仰木彬氏は、大リーグにコーチ留学していたときに、流し打ちができない選手にアドバイスして打てるようにさせたら「誰が教えた!簡単にできるようになったことはすぐに忘れる。余計なことはするな」と大リーグのコーチに叱られたそうです。

私が手を入れて、私がディレクター、またはプロデューサーになり、実習生が役者となるような授業にすれば、そこそこ達成感を得る授業ができるだろうと思いましたが、敢えてそれをせずに、失敗から学ぶようにし向けました。

彼は今回の実習で、もしかしたら自信を失い、挫折感を味わったかもしれません。でも、だからこそこれから努力を重ね、必死に採用試験に向けて勉強し、合格してからも努力を続けるようになると期待しています。

帰りのホームルームで、生徒たちは彼に寄せ書きした色紙とプレゼントを用意し、実習生と共に第二応援歌と校歌を高らかに歌いました。

私が余計な気をまわさなくても、生徒たちは先輩のために最高のおもてなしを用意してくれました。

素晴らしい後輩たちのおかげで、実習生は辛かった実習をすっかり忘れて楽しい思い出を胸に熊高を去ることができます。

熊高生は、勉強も部活も行事も全力投球し、人情味に溢れています。
  1. 2015/06/05(金) 21:57:47|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

丹羽大輝選手

最近、スポーツ勉強仲間の間でガンバの丹羽選手が話題に上りました。

プロになった最初の頃は、サッカーを楽しめていなかったが、今、小学生のときに初めてボールを蹴ったときのような楽しさを感じているそうです。

だから試合中に笑顔になるし、相手に対しても敬意を払っているから、相手がいいプレーをしたら「良かったよ」と声をかけるそうです。

そんな彼が29歳にして初めて日本代表に選ばれました。どんなプレーをするか注目したいと思います。

今週末に我々はインターハイ予選を控えていますが、笑顔溢れる試合になって、お互いがサッカーに真摯に取り組み、観戦している方々が「この試合を観にきて良かった」と思えるような試合になれば最高です。
  1. 2015/06/05(金) 01:43:45|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

カテゴリ

最新ニュース (12)
部活動紹介 (5)
練習メニュー (3)
試合結果 (52)
スケジュール (20)
顧問のひとりごと(高田) (0)
顧問のひとりごと(福島) (737)
顧問のひとりごと(長島) (0)
関係者専用 (1)

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

カウンター

月別アーカイブ

プロフィール

kumako

Author:kumako
熊高サッカー部オフィシャルサイトへようこそ!

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する