FC2ブログ

埼玉県立熊谷高校サッカー部

埼玉県立熊谷高校サッカー部(熊高サッカー部)のオフィシャルサイトです。

クラス懇談会

昨日、PTA総会の後、クラス懇談会が行われました。

クラスが楽しいと言っている生徒が多いようです。

「これを知る者はこれを好む者に如かず、これを好む者はこれを楽しむ者に如かず」

クラスが楽しいと思っていれば自然と力がついてくるはずです。

部活も同じだと思います。

楽しいと思えば、生徒は自然に努力をします。

私もそうです。熊高が楽しいから自然に努力しています。
スポンサーサイト
  1. 2015/05/31(日) 22:36:14|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

本日の試合結果

本日の午前中に行われたU-18北部支部2部リーグvs進修館高校は、前半0-0でしたが、後半3失点して0-3で負けました。

午後に行われた西武文理高校との試合は1-1の引き分けでした。

来週はインターハイ予選です。
  1. 2015/05/31(日) 20:22:11|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

模試

本日返却された希望者が受験した某大手予備校の模擬試験において、英語の点はサッカー部員の1人が1番でした。

英語1科目だけでも、サッカー部でS2リーグの試合に出場しつつ、かなりできる医歯薬のクラスの生徒よりいい点を取れるのは大したものです。

彼の他にも、サッカー部の3年生は、国立難関大学を目指して文武両道で頑張っている生徒が何人もいます。

現在サッカーを一所懸命やっていて、将来、国立大学に入りたいと思っている中学生の皆さん、サッカーも勉強も、先輩たちが結果を残して待っています。
  1. 2015/05/29(金) 18:49:51|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

インターハイ予選

インターハイ県予選の相手が決まりました。

1回戦は越谷西高校です。

同じS2リーグのチームです。

負けられません。

  1. 2015/05/27(水) 01:43:11|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

Hospitality

昨日のS2リーグの会場は川口北高校でしたが、校門のところで案内をしてくれた生徒さんたち、第二グランド入口で我々が近づくとネットを手であげて待っていてくれた生徒さん、トイレの位置をお聞きしたら、わざわざトイレの目の前まで案内してくれた生徒さん、そして、彼らの言葉遣い、全てにホスピタリティーを感じました。

強くなるには理由があると改めて感じました。

熊高サッカー部員諸君は、ピッチ外の彼らを見て何かを感じるだけのアンテナがあると信じています。

サッカー部員以外の生徒さんたちもいい顔をしていました。

コマーシャルなどしなくても、彼らの行動が、学校のイメージアップにつながっていると感じました。

川口北高校は益々発展していく学校だと感じました。
  1. 2015/05/25(月) 20:07:31|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

球際

昨日のU-18S2リーグvs大宮南高校は、フリーキックを直接決められ、残念ながら負けてしまいました。

敗戦と引き換えに、幾つかの教訓を得ることができました。

また、我々の球際のテクニックや強さは十分に埼玉県トッブチームに通用すると感じることができました。

今週末31日はホームに西武文理を迎えてトレーニングマッチを行います。

S1にも球際では負けないということを証明してもらいたいです。

同じ日に進修館高校と午前中にアウェーで北部支部の2部リーグの試合があります。こちらは是が非でも初勝利せねばと考えています。
  1. 2015/05/25(月) 11:08:48|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

40キロハイク

昨日は40キロハイクという行事がありました。

熊谷駅近くの荒川河川敷から上長瀞駅までの40キロを思い思いの装いで走ったり歩いたりします。

朝の開会式で司会を任されたキャミソール姿の男の子はサッカー部の3年生です。

彼は、新入生歓迎会でも司会を任されていました。審判は3級の資格保持者で、練習試合の笛を彼は率先して吹いてくれるので助かります。

彼の1つ上の代のキャプテンも3級審判員で、埼玉大学に進学しています。先日、埼玉大学の説明会に参加した際に、サッカー部の監督の研究室にご挨拶に伺いましたら、たまたま日本サッカー協会審判部の方がいらっしゃいましたので、彼が有能で大学在学中に1級が取得できる人材だとアピールしてきました。

今日は、S2リーグのvs大宮南高校が12:00キックオフで川口北高校グランドで行われまが、登録メンバーは、昨日の40キロハイクは、20キロ地点までの参加で終えましたので、最後の40キロハイクを半分しか楽しんでいないのですから、今日の試合は是が非でも勝ちたいところです。

大宮南高校に勝ったら、本当にS1昇格が視野に入ってきます。とても楽しみな1戦です。
  1. 2015/05/24(日) 07:31:28|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

埼玉大学

これから埼玉大学の説明会に参加してきます。

昨年度のサッカー部のキャプテンを始め、埼玉大学サッカー部には熊高サッカー部OBが随分とお世話になっております。

現在の2年生と3年生が1人ずつ試合に出させていただいているようです。

今年の3年生も埼玉大学でサッカーをやろうと考えている生徒が多いので、来年の今頃は、埼玉大学サッカー部に熊高サッカー部出身者が7〜8人になるかもしれません。

現在非常勤講師として熊高に勤務している若者と、久喜工業のサッカー部顧問は熊高サッカー部から埼玉大学へ進学しました。

熊高→埼玉大学→高校教師というパターンが年々増えそうです。

10年後のサッカー部顧問総会で石を投げると熊高サッカー部OBに当たるかもしれません。
  1. 2015/05/20(水) 13:15:28|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

Coordination Training

最近、フィギュアスケートの若手ホープの女子選手が、側転、バック転、逆立ち等をやっている動画をみました。

ここ数年、高校生に教えていて、身体能力を確認するために、側転、逆立ち、前転、後転、スキップしながら腕を動かしたり、コーオーディネーションを必要とするトレーニングをさせていますが、年々苦手になっています。

子供たちに体幹トレーニングをやらせている指導者がいますが、ぜひ、コーディネーショントレーニングをさせてほしいです。特にリズム感を必要とするスポーツを子供の頃にやることによって、高校生になってどんなスポーツをしても成功することができると思います。
  1. 2015/05/19(火) 22:52:13|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

教育実習生

今週から教育実習が始まりました。

自分が担任していた卒業生を迎えるのは、教員生活27年目にして初めてです。

熊高には随分と長くいることを改めて感じています。

これまでは、どの学校も最長6年で異動しましたので、クラスの教え子を実習生として迎える前に、他校に出てしまっていました。

今回私が担当する実習生は、サッカー部OBの明治大学の学生です。

彼のように、体育ではない高校教師となって、サッカー部顧問として埼玉サッカー界を支える人材を増やすことも、我々公立高校の指導者の仕事の一部だと考えています。

そのためには、給料は大したことなくても、やり甲斐のある仕事だと彼らが認めてくれるように、日々精進し、彼らが目標とする存在にならなければなりません。

今月末に、スポーツ研究仲間との勉強会を浦和の教え子の店で開く予定です(その前に1時間、近くの公園で実技編を行います)。高校陸上部の顧問、高校サッカー部の顧問、目のトレーニング機器を作りプロ野球チームや日本サッカー協会と取引のある起業家、サッカージャーナリスト兼小説家、さいたま市内のサッカー名門中学のサッカー部顧問等、約20人が集います。

そこに指導者を目指す教え子も呼び、刺激を受けてもらおうと考えています。

私の武術の先生は「ひとつのことだけ(サッカー部の顧問でいうと勝つことだけ)考えていると視野が狭くなる」とよくお話しになりますが、教え子たちには、サッカーを多角的に見る目を持ってほしいですし、彼らが指導者になったときに、自分が指導する子供たちに、様々な影響を与えられる人になってくれたら最高です。
  1. 2015/05/19(火) 22:12:37|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

道塾

先週、2ヶ月に1回通っている武術の塾で学んできました。

様々な示唆をいただきました。その中の幾つかをご紹介します。

1. 目指すものが1つになってしまうと、視野が狭くなり、深みがなくなる。例えば、勝つことだけに目が行ってしまえば、勝つことのための行動しかしない。試合中、本当は、相手の動きを読んだり、ステップワークを磨くべきところを、故意にユニフォームを引っ張ったりしてファールをするのがこれに当たると思います。

2. 勝ってやろう、名声を得てやろうと思っていると怪我もしやすくなる。自然体で力を出す癖をつけなければならない。また、暗い顔でいると怪我をしやすい。生徒たちが常に明るく、いい顔でサッカーをするように、我々指導者は仕向けてあげなければならないと感じました。

3. 自転車に乗れるようになるのは理屈ではない。自転車の乗り方を理論的に説明できる人はいない。自転車は何度もこけて乗れるようになる。失敗を恐れずにトライする習慣が大切だと生徒たちに伝えたいと思いました。




  1. 2015/05/17(日) 20:59:00|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

ビリギャル

昨日は久々に部活のない月曜日だったので、映画ビリギャルを観に行きました。

塾の先生が主人公のさやかちゃんを兎に角褒めるのを観て、まだまだ自分は褒め方が甘いと反省しました。



  1. 2015/05/12(火) 22:53:14|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

本日の結果

本日のS2リーグvs深谷第一高校は1-0で勝利しました。

北部支部2部リーグvs本庄東高校は3-4で負けました。

北部支部リーグ第一節は成徳深谷に0-8、第二節は小川高校に0-6で負けました。

この数週間、勝つための守り方をトレーニングしてきました。

前半は3-2でリードしていましたが、逆転負けをしてしまいました。

まだやるべきことがあると感じました。

でも、生徒たちは、だんだんいい顔になってきました。




  1. 2015/05/10(日) 21:08:59|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

明日の予定

明日は10:00から深谷第一高校にてS2リーグvs深谷第一高校

13:00から熊谷西高校にて北部支部2部リーグvs本庄東高校が予定されています。

中間考査前に試合があって大変ですが、文武両道頑張ります。

  1. 2015/05/09(土) 22:27:34|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

本日のS2リーグvs南稜高校

本日のS2リーグvs南稜高校は1-1の引き分けでした。
  1. 2015/05/05(火) 21:09:00|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

OB

本日、2人のOBが練習に顔を出してくれました。1人はメガバンクに就職、もう1人は高校でサッカー部の顧問をしています。

メガバンクの彼は7月初めまで週5日、寮から一歩も出られずに研修が続くそうです。もう既に十数人が研修こ過酷さに耐え切れずに辞めたそうです。

学生時代に心も身体鍛えておくことが大事だと感じました。

彼は推薦で私立大学に進学しましたが、研修所で毎日勉強漬けの今、「国立大学を受験するための勉強をしておけば、もっと今が楽だった」と思っているそうです。

「僕は私立受験だから受験に必要のない科目は勉強したくない」という生徒が時々いますが、結局、後で苦労する、或いは選択肢を減らすことになるのだと思いました。

いつも思いますが、卒業した教え子たちと話すと勉強になります。
  1. 2015/05/04(月) 22:40:06|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

本日の結果

昨日のS2Aリーグvs西武台Bは0-5で負けました。

同じ日に行われた北部支部リーグメンバーの試合は、3週間前に8点取られて負けたチームに1-0で勝ちました。

今日も試合前のアップで2vs2の基礎基本を徹底し、みんなが同じ意識で試合に臨むことができました。

生徒の一人が「大金星」と言っていましたが、身体能力、テクニック、体格で明らかに劣っていても、基礎基本を徹底し、集中し、誰一人手を抜くことがなければ、勝つことができると証明してくれました。

彼らに、サッカーというスポーツを通して、正しく準備して、集中を失わずに対処すれば、自ずと結果が出るということを体感してほしかったので、そういう意味では100点満点の試合ができました。

こういう「無理かな?」と思っていたことでも「やればできる」と思えることで、勉強でも他のことでも「何とかなる」と思えるようになるのが部活をやる意義だと考えています。



  1. 2015/05/03(日) 02:00:07|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

カテゴリ

最新ニュース (12)
部活動紹介 (5)
練習メニュー (3)
試合結果 (52)
スケジュール (20)
顧問のひとりごと(高田) (0)
顧問のひとりごと(福島) (737)
顧問のひとりごと(長島) (0)
関係者専用 (1)

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カウンター

月別アーカイブ

プロフィール

kumako

Author:kumako
熊高サッカー部オフィシャルサイトへようこそ!

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する