FC2ブログ

埼玉県立熊谷高校サッカー部

埼玉県立熊谷高校サッカー部(熊高サッカー部)のオフィシャルサイトです。

8月の予定

  熊谷高校サッカー部 練習予定 (8月)  H25.8

 

 

3年

2年

1年

学校行事等

/

サザンクロスカップ

(浦和南・伊奈学園)

校外合宿(湯西川温泉)

 

校外合宿(湯西川温泉)

 

 

 2

サザンクロスカップ

順位決定戦

校外合宿(湯西川温泉)

 

校外合宿(湯西川温泉)

 

 

休み

休み

休み

 

 4

休み

休み

休み

 

 5

練習 12:30~さくらG

 

練習 12:30~さくらG 

練習12:30~さくらG 

 

 

練習  8:30

 

練習 8:30

U-16リーグ vs進修館

 13:00~(進修館G)

 

 7

練習  8:30~さくらG

3部リーグvs北本

 12:00~(寄居G)

練習 8:30~さくらG

練習  10:00

 

 

 

男子校対抗戦 浦和

9:30~(本校G)6G

男子校対抗戦 浦和

10:00~(本校G)

練習  10:00

 

さくらG2面1

 

 9

練習  8:30

 

練習 8:30

U-16リーグ vs深谷一

 12:00~(本庄東G)

選手権大会抽選会

10

男子校対抗戦 川越

10:00~(本校G)

男子校対抗戦 川越

10:00~(本校G)

県北F

 

11

県北F

県北F

県北F

 

12

県北F

 

県北F

県北F

さくらG2面1

13

練習  8:30

 

練習 8:30

練習試合 vs浦和東

10:00(浦和東G)

 

14

男子校対抗戦 春日部

10:00~(本校G)

男子校対抗戦 春日部

10:00~(本校G)

U-16リーグ vs本庄東

 10:00~(本庄東G)

 

15

休み

 

休み

 

休み

 

 

16

練習 8:00

 

練習 8:00

練習  11:00

 

 

17

U-18リーグ vs松山

 13:00~(熊西G)

3部リーグvs松山B

 15:00~(熊西G)

練習 8:30

練習  10:00

 

 

18

休み

休み

休み

 

19

休み

休み

休み

 

20

練習  8:30

 

練習 8:30

練習  10:00

 

 

21

練習  8:30

 

練習 8:30

練習  10:00

 

 

22

練習  8:30

3部リーグvs松山B

 10:00~(本校G)

練習 8:30

U-16リーグ vs小川

 15:00~(東農三G)

 

23

練習  8:30

練習 8:30

練習  10:00

 

 

24

高校サッカー選手権

1回戦

高校サッカー選手権

1回戦

高校サッカー選手権

1回戦

25

休み

 

休み

 

休み

 

 

26

練習  8:30

 

練習 8:30

練習  10:00

 

27

練習  8:30

 

練習 8:30

練習  10:00

 

 

28

高校サッカー選手権

2回戦

高校サッカー選手権

2回戦

高校サッカー選手権

2回戦

始業式

50分×3

29

練習 15:40

 

練習 15:40

練習 15:40~ 

 

平常授業

30

練習 15:40

 

練習 15:40

練習 15:40~ 

 

平常授業

大掃除

31

高校サッカー選手権

ブロック決勝

高校サッカー選手権

ブロック決勝

高校サッカー選手権

ブロック決勝

土曜授業

 

スポンサーサイト
  1. 2013/07/29(月) 12:42:57|
  2. スケジュール

三者面談

5日間続いた三者面談が、本日終了しました。

期末テストで1番になった生徒(中間テストは8番)に、勉強をやる理由を尋ねたところ、授業が楽しいからだと言われました。一応、英語も『Real 英会話』のお陰で、楽しいと言ってもらえました。

詰め込むより引き出すことが大事だと、また生徒から教わりました。

尊敬するスポーツ勉強仲間の先生に、「授業も部活も同じですよね。そして『楽しむ』の中身も、授業中の脱線トークがやがて飽きられるのと一緒で、のんべんだらりの楽しさは長続きしません。自分が伸びていく実感、できること・わかることの結びついた本質の学びを提供するのが指導者の使命です。僕は井上ひさしさんが書斎に貼っていたコトバを大切にしています。『むずかしいことを やさしく やさしいことを ふかく ふかいことを ゆかいに』」とFBでコメントしていただきました。

之を知る者は之を好む者に如かず、之を好む者は之を楽しむ者に如かず。サッカーも勉強も、この言葉を肝に銘じておきたいと思います。

  1. 2013/07/27(土) 00:09:23|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

菅平ハイスクールカップ

本日、菅平カップの決勝戦が行われ、調布南高校にPK戦の末に敗れました。

惜しくも優勝を逃しましたが、7月31日から始まるサザンクロスカップが楽しみです。

7月31日:鴻巣上谷グランド vs越谷西 10:50キックオフ vs川越南 16:10キックオフ

8月1日: 鴻巣上谷グランド vs浦和南 12:10キックオフ vs伊奈学園 16:10キックオフ



  1. 2013/07/26(金) 23:34:12|
  2. 試合結果

彩の国進学フェア

7月27日、28日に埼玉スーパーアリーナで、彩の国進学フェアがあります。

今年もまた中学生に熊高サッカー部をアピールして来ようと思っています。

昨年までと違い、今年はiPadを用いて、より具体的な説明ができると思います。

中学生とその保護者の皆様、スーパーアリーナでお待ちしています。お越しの際は、サッカー部顧問(福島)をご指名下さい。両日とも昼休みを取らずに朝から夕方までブースにいる予定です。

  1. 2013/07/25(木) 22:46:54|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

定時制の先生

昨日、帰りがけに定時制の先生に話しかけられました。

ときどきサッカー部の練習を観て、とても真剣に練習の意図を考えて生徒がプレーしているのがよくわかるので、ぜひ、ベスト8以上まで勝ってほしいとのことでした。

また、この狭い劣悪な環境で練習しているのに、あんなに大勢の生徒が辞めずにいるのも素晴らしいとのことでした。だからこそ、そういうチームに勝ってほしいとのことでした。

まったく関わりのない定時制の先生にまで応援していただいていることがわかり、嬉しくなりました。

知らぬ間に、多くのサポーターが応援してくれているのかもしれません。

あとは勝利の女神のサポートがあれば勝てるのでしょう。勝利の女神が味方してくれるだけの努力を彼らサッカー部員、特に3年生はやっていると思うのですが、、、。
  1. 2013/07/23(火) 00:43:45|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

本日のUー18の結果

本日のUー18北部支部1部リーグvs早大本庄の試合は、3-1で勝利しました。

3部リーグvs熊谷工業は、2-1で勝利しました。

1部リーグの試合は、前節に続きいつものスタメンが3人怪我で欠けていましたが、代役の選手がゴールを決めたり、ロングスローで2戦連続で得点に絡んだりして活躍しました。

菅平とサザンクロスカップで経験を積めば、更に強くなるに違いありません。

他の部の生徒が部活動を引退し、勉強だけに力を注いでいる中、サッカーと勉強の両方を求める彼らは大変だと思いますが、スポーツが脳にもたらす影響に関して以下のような内容が、最近、プリンストン大学で発表されました。

『Journal of Neuroscience』で発表されたものは、「体を動かすことで、新しい神経細胞が生み出されることを明らかにした。こうした細胞は、興奮しやすく、記憶力や思考力を高めるのに最適だ。このため運動は、勉強や集中力の助けとなる。」

東京の都心のフットサル場が職場帰りの社会人に大人気だそうです。このことも運動が大切だということを証明しているのではないでしょうか?


  1. 2013/07/22(月) 00:16:18|
  2. 試合結果

合宿キャプテン

今日の練習後、湯西川合宿のキャプテン役をやる生徒を決めておくように話しましたら、1人の2年生が私を追いかけて来て、去年のキャプテン役の先輩(先日引退した3年生)ほどうまくやれるかどうかわかりませんが、自分にやらせてほしいと申し出てきました。

80人の集団をコントロールするのは大変ですが、自らやりたいと言ってくれた彼の成長に期待大です。
  1. 2013/07/20(土) 22:46:25|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

まだまだ子供

臨海学校2日目の朝のトレーニングには、全員が遅刻せずに集まりましたが、3日目に3人、最終日には、その倍以上の遅刻者が出ました。

本当に強いチームとの差は、そこだと思います。自己管理能力です。ふだん、お母さんに起こしてもらっている生徒は、誰も起こしてくれなければ起きられません。

月末には夏合宿が控えています。例年、1年生数人が朝の散歩に遅れて来ますが、今年はどうなるのでしょうか?

生徒自らが緊張感を作れるチームは接戦に強いです。そんなチームになれるといいのですが、、、。
  1. 2013/07/19(金) 15:08:33|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

臨海学校

臨海学校に来ています。今日の午後、1級の生徒は、隣の海岸から2kmほど遠泳を経験しました。波を乗り越えるように泳がなければならなかったり、途中、虫が刺してくる痛みに耐えたりと大変だったと生徒が話してくれました。

1級の生徒が戻ってきた時に、他の級の生徒が全員で校歌を歌って迎える光景は、何度見てもいいものです。近くの病院で院長をされているOBの方が見学にいらして、とても喜ばれていました。

今、生徒たちは静かに自習しています。19:30〜20:30までの1時間だけですが、昼間あれだけ泳いで疲れているはずなのに、この時間だけ切り替えて集中して勉強しています。もちろん、それ以外の時間は普通の元気いっぱいの高校生です。

サッカー部の生徒は、朝6:15から30分ほど砂浜をダッシュしました。近くで、バスケットボール部と陸上部が走っていましたが、見比べると走り方が違うのがよくわかります。遅れて来た生徒は一人もいませんでした。明朝は今朝より疲れが溜まっているはずですが、全員が6:15に砂浜に集合することを期待しています。

朝早く起き、午前、午後とずっと泳ぎ続け、夜は勉強もする。なかなかハードですが、彼らがこの3泊4日で、より逞しくなる姿が、容易に想像できます。

2・3年生の居残り組も、いいトレーニングを行っているようです。週末のU-18の試合が楽しみです。
  1. 2013/07/17(水) 20:35:32|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

引退

昨日の試合を最後に引退し、勉強に切り替える3年生が、試合後に挨拶に来てくれました。

彼は、去年の湯西川合宿(1年生+2年生30名ほど)で、キャプテン役を買って出てくれました。

あの3泊4日は彼にとって大きな経験だったと思います。約80名を仕切って、旅館の方とコミュニケーションを取り、常に先を考えて動いてくれました。

ただ与えられた勉強だけして高校時代を過ごした生徒と、部活を通じて様々なことを考えたり、仲間との摩擦を経験し悩んだりした生徒では、大学卒業後社会人になったときに大きな差がつく気がしてなりません。

彼には、「サッカーをやっていた人間の底力を見せつけてほしい」と話しました、サッカーで培った集中力を今後は勉強で活かして頑張ってほしいです。
  1. 2013/07/15(月) 18:15:43|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

本日のU-18

本日のU-18の試合結果は、3-1で農大三高に勝ちました。

いつものスタメンが3人怪我で欠けていましたが、代わりに出場した選手たちが、それぞれの特徴を活かし活躍しました。

まだまだ成長し、切磋琢磨してほしいです。

明後日から1年生は臨海学校で、顧問がいなくなりますが、生徒だけで緊張感のある練習ができるのが本物のチームです。

今日の試合後も生徒たち自らダッシュを繰り返していましたので、臨海学校中も気持ちの入ったいい練習をしてくれるでしょう。
  1. 2013/07/14(日) 19:17:00|
  2. 試合結果

救命講習

 期末考査中の午後に職員対象の救命講習が行われました。

 サッカー部の生徒たちに、人形相手に心臓マッサージを行った際に、私が意識したことは何か分かるか尋ねてみましたら、すぐに「外旋」という答えが返ってきました。

 「外旋」が浸透しているなと感じました。走る、蹴る、ヘディング、タックルをするときに、「外旋」を効果的に使えるようになることが大事なのですが、なかなか自然にできるようになるまでは時間がかかります。


コンフェデ杯のブラジルvs日本のネイマールが決めた先制点のボレーシュートは、右股関節を外旋させて蹴ったと思われます。

 アルゼンチンにサッカー留学していた友人が、「内旋」、「外旋」、「膝の抜き」といったワードは使われていなかったが、アルゼンチンで筋力以外の力の発揮の仕方を教わったと話してくれたことがあります。

 プロ入り後、初ホームランを打った大谷翔平選手は、地元に伝わる「鬼剣舞」を踊ることによって、知らず知らずのうちに筋力以外の力の出し方を身につけたのかもしれません。

 今年の高校1年生で150キロ以上の速球を投げた済美高校の安楽投手はベンチプレスは20kgしか挙がらないそうです。

 ネイマールも筋骨隆々ではありません。我々ユース年代の指導者は、筋トレに頼らずにパワーを生み出す方法を研究する必要があると考えています。
 
  1. 2013/07/10(水) 22:11:36|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

サプライズ

本日、本庄東高校との練習試合が終わった後に、2、3年生全員に囲まれ、「せーの」という掛け声と共に、ハッピーバースデーの大合唱がありました。

いつの間にか用意されていたお花とポロシャツのプレゼントをいただきました。昨日が47回目の誕生日でしたが、今までで最高の誕生日でした。

大好きなサッカーを、大好きなサッカー部員に教えて、彼らが喜ぶ顔を見るだけでも幸せなのに、こんな素敵な演出をしてもらえるなんて、本当に恵まれた人生です。

ますますサッカーの勉強をして、彼らにとってより良い指導者になる努力をしようと改めて思いました。
  1. 2013/07/07(日) 22:11:34|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

サッカー繋がり

今日、大学時代のサッカー同好会の試合に顔を出してきました。

現役から60代の試合まで、それぞれのサッカーの楽しさがあり、サッカーの持つ魅力を改めて感じました。

私が出場する40代の試合は、昼過ぎからだったのですが、教え子が同じ同好会に入ったことがわかっていたので、8:00からの1年生の試合を見るために、朝5:14の始発に乗り、横浜みなとみらいまで出かけました。

その子のお母さんが埼玉から観戦に来られていて、「3年間お世話になりました」と話しかけてくださったとき、横に座っていた先輩が、「お母さんの顔を見れば、日頃の指導が分かる」と言ってくださいました。

その先輩の息子さんの所属する大学のフットサル部のキャプテンが浦和南時代の教え子だったり、浦和市立時代の教え子のいとこが後輩で、しかも、現在の職場の同期が熊高OBで、私が赴任した年に副担任をしていた子だったり、熊高サッカー部卒業生が現在監督をしているサッカー少年団で、以前コーチをしていた後輩がいたり、相手の慶応キッカーズに浦和南のサッカー部卒業生がいて、「就活はせずに教員を目指します」と報告に来てくれたりと、サッカーという素晴らしいスポーツを通して繋がっている喜びを感じました。

途中、2軸動作に興味があるという20代の後輩が寄って来て、iPadを見せながら解説をしていたら、数人の別の後輩たちも興味を示し、プチ2軸動作クリニックを行いました。iPadは便利です。言葉では上手く伝えられないことでも、生徒が走っている動画を見せれば、すぐに違いをわかってもらえます。

終わった後に、4つ上の先輩方とサッカーについて4時間熱く議論を交わしました。横浜で小学校の先生をされている先輩は、なでしこジャパンの近河選手の担任をされていたそうです、よく朝練に付き合って一緒にボールを蹴った話をしてくださいました。

サッカーの話は尽きません。また、来年会う時には熊高サッカー部の躍進ぶりを話してみたいものです。
  1. 2013/07/06(土) 23:04:02|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

走動作分析

本日、練習で紅白戦をやっているときに、試合に出てないメンバーの走りをiPadで撮影し、coachmyvideoというアプリで動画をコマ送りにし、動作分析をし、一人ひとりに走り方の解説をしましたが、とても好評でした。

50mを6秒台前半で走る生徒のフォームに共通点があることがわかりました(ほとんど1年生)。

速く走る生徒は乗り込む感覚があり、体幹のねじれがなく、腕が後ろに引かれていない共通点がありました。

逆に遅い子は、拇指球で地面を蹴り、体幹を捻り、腕が前に前に出てくる感じでした。

4月に1、2年生で並んで走ったときは、1年生が悪い見本のような走り方をしていましたが、今は、逆に2年生の方が母子球を使った筋力走りに感じました。

賢い2年生は、この数ヶ月の1年生の変化を察知し、練習終了後に動画を真剣に見ながら、今後目指すべき走り方を考えました。

それは、練習終了後1時間半ほど、熊谷さくら運動公園の管理者に、門を締めるから帰ってほしいと言われるまで続きました。

数ヶ月後に、2年生の走りが劇的に変わったとしたら、この動画ソフトのおかげです。明らかに走り方に対する意識が変わった今日の練習でした。
  1. 2013/07/05(金) 21:23:18|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

二重目標

教室に『ドラゴン桜』という漫画本を1巻から10巻まで置いておきましたら、なかなか好評で、次を読みたいという申し出があったので、昨日の午後、休みを取って古本屋巡りをして、11巻から18巻まで揃えることができました。

生徒に貸し出す前に、まず自分で読もうと思って、昨夜から読み始めましたが、なかなかいいことが書いてあります。

例えば、物理の阿院(あいん)先生は、なぜ受験指導だけでなく実験をするのか聞かれ、以下のように答えました。


理科は実験があるから面白いんです。教室で先生の説明を聞くだけでは、科学的興味なんかもてるはずがありません。いろんな実験をして教科書の理論を自分の目で確かめるうちにさらなる科学的探究心が湧いてくるのです。それが受験につながって合格を後押しできるようになります。

いわば、これは教師における二重目標という考え方です。目標を立てる時は二重に立てるといいのです。普通は誰もが「○○を○○だけやるぞ」と目標を立てます。「物理の問題を毎日15問解くぞ」というようにね。でも大抵は三日坊主で終わる。なぜなら、目標がただの願望になっていて昨日できなかったから今日は倍やるぞなどと無理を重ねてしまうから。そしてひとつ失敗するとすべてがダメだと思って諦めて投げ出してしまう。

これを防ぐためには目標を二つにするのです。最低限成し遂げたい目標と、もしできたら理想的な目標の二つを用意するのです。私の場合は生徒を受験で合格させる。これは最低でも成し遂げたい。そして理想は生徒のみんなが科学について興味を持ち、将来自分も科学に携わって社会の役に立ちたいと思う人間を育てることです。

このように私は常に理想と現実のバランスを取るように心がけているのです。


上記の阿院先生のセリフの「受験で合格させる」を「試合で勝たせる」と置き換え、「科学」を「サッカー文化」に置き換えたら、理想の指導者に近づけるのではないかと思いました。

同じ漫画を10年前に読んでも、こんなふうに感じなかったかもしれません。だからこそ、できるだけ本は借りるのではなく買った方がいいのだと思います。読み返すたびに読み手の自分自身の変化に気づきますので。
  1. 2013/07/02(火) 18:59:10|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

カテゴリ

最新ニュース (12)
部活動紹介 (5)
練習メニュー (3)
試合結果 (52)
スケジュール (20)
顧問のひとりごと(高田) (0)
顧問のひとりごと(福島) (737)
顧問のひとりごと(長島) (0)
関係者専用 (1)

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カウンター

月別アーカイブ

プロフィール

kumako

Author:kumako
熊高サッカー部オフィシャルサイトへようこそ!

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する