FC2ブログ

埼玉県立熊谷高校サッカー部

埼玉県立熊谷高校サッカー部(熊高サッカー部)のオフィシャルサイトです。

先進校視察

月曜日に浦和高校に先進校視察に行きました。生徒は勉強はやらされるものではなく、自らやるものだと思っているそうです。

先生が勉強をやらせるのではなく、文武両道をしっかりやっている先輩を見習って生徒たちは勉強も部活も頑張るのだそうです。

浦和高校のラグビー部の生徒には11月までラグビーの公式戦に出場しながらも、東大に現役で受かる生徒がいるそうです。

サッカーも勉強も言われたことしかできないのでは限界があります。残念ながら、ただ言われたメニューを毎日こなしている生徒がまだまだたくさんいます。

本当に好きになったら自分から研究をし出します。多くの生徒がそうなることを祈っています。

スポンサーサイト
  1. 2013/02/28(木) 00:34:26|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

ゼロックス スーパー カップ

先週土曜日にゼロックススーパーサッカーを国立競技場で観戦しました。

ストライカーの決定力の大切さを改めて思い知らされました。

大事な場面でいとも簡単にシュートを決めるFWは力が抜けていると常日頃感じていますが、先日、Get Sportsという番組で、プロゴルファーの宮里藍を特集していました。

彼女曰く、決断ラインを頭の中に描き、そのラインを一歩超えたら、迷わないのが大切だそうです。プロでもそれがなかなか難しいらしく、パット直前になっても、どう打とうか迷ってしまうことが多いそうです。迷わずに無意識になることが大切とのことでした。

昨日の白鵬関を特集した番組でも横綱が「勝ちに行ったらダメ。負けない相撲を取るのも違う。無心になって、気がついたら勝っている。そんな相撲が理想。」といった内容のことをコメントしていました。

以前、日本サッカーの父、デットマール・クラマー氏が、元西ドイツFWで爆撃機の異名を取るゲルト・ミューラー氏に、「シュートを打つ際に何を考えている?」という質問を投げかけたところ、「考えたときには既にボールはゴールの中にある。」という答えが返ってきたそうです。

日本のレジェンド釜本邦茂氏も、「考えてシュートするようではダメだ。考えなくても勝手に身体が動くようにトレーニングをしなければならない。」と話されていました。

我が師は、「スポーツには型がない。武術には型があるからスランプは無い。型から応用が生まれる。」とよく話されます。また、「頭で命令を出して身体を動かす癖をつけるな。ゴミが落ちていたら、何も考えずに拾えるように日常から行動するように。」とも言われます。

部室がキレイになっている広島の安芸南高校が強くなるのは必然ですし、西武台高校で、当たり前のようにゴミを拾ってポケットに入れたサッカー部員のいる熊谷高校が強くなってきたのも頷けます。

番組の中で、亡くなる2日前に大鵬さんに会いに行った白鵬関に、大鵬さんは相撲のことではなく、「いいか、ちゃんと行動するんだぞ!」と話されていたのが印象に残りました。熊高サッカー部員皆が日常の生活において、頭脳ではなく、身体脳で身体を動かすようになったとき、白鵬関の言うところの、「気がついたら勝っていた。」という境地に達することができるのかもしれません。もしそうなれば、全国大会出場も難関大学合格も必然です。
  1. 2013/02/25(月) 10:23:48|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

安芸南高校サッカー部

 下の写真は、私の尊敬する畑喜美夫先生が指導されている広島県立安芸南高校サッカー部の部室を撮影したものです。

 畑先生は前任校の広島県立観音高校を率いてインターハイで優勝されました。先生はボトムアップ理論を提唱されていて、生徒が主体のサッカー部を理想とされています。

 したがって、先生に叱られるから彼らサッカー部員は部室をきれいにしているわけではありません。

 畑先生が異動されてまだ2年足らずですが、熊高と同じく県ベスト16に仲間入りしました。この写真を見たら、安芸南高が全国大会に出場するのはそう遠くないと感じました。

 一昨日参加した武術の塾で、師が「心が身体を動かす。日常の無意識の行動のレベルが向上しない限り、本当の進歩はない。」と話されていましたが、挨拶、授業中の態度、部室の管理、その全てが一流になったときに、熊高サッカー部が全国の舞台に出られるのだと思います。

 そのときが早く訪れるのか、それともしばらく訪れないのか、今の1、2年生にかかっています。

2013022121064236f.jpg

  1. 2013/02/21(木) 21:35:33|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

本日の結果

本日熊谷高校で行われたU-18北部支部1部リーグのvs滑川総合は2-0で勝利しました。

寄居城北高校で行われたU-18北部支部3部リーグのvs北本高校は1-0で勝利しました。

熊谷西高校で行われた1年生の練習試合はトータル3-2で勝利しました。

来週末は、学年末試験1週間前に入りますので、生徒は勉強の方でも、サッカーのように着実に力をつけ、結果を残して文武両道を示してくれることと期待しています。

【1年生 vs熊谷西高校】

IMG_3237_R.jpg

IMG_3270_R.jpg

IMG_3249_R.jpg

IMG_3250_R.jpg

IMG_3243_R.jpg

IMG_3281_R.jpg
  1. 2013/02/17(日) 16:13:32|
  2. 試合結果

ちょっといい話

新人大会県大会は1回戦で敗退しましたが、その会場で嬉しい出来事がありました。

試合前に 私が知り合いの先生と話していた際に、目の前にあるゴミが気になって、会話が切れたら拾おうと思っていましたら、熊高サッカー部の生徒の1人が、さりげなく拾ってポケットに入れました。

試合の後にも同じようなシーンを見かけました。

サッカーだけでなく、様々な面で生徒たちは日々成長しています。
  1. 2013/02/14(木) 22:11:34|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

desportare

 本日の練習は、9:00~1年生vs2年生の学年対抗戦を行いました。なかなか盛り上がりました。

 夏合宿の頃は、1年生は2年生に全く歯が立ちませんでしたが、年末くらいから、1年生が食らいつけるようになり、今日の試合も白熱していました。

 ふだん応援をしてくれている他の部員のために、昨日の新人戦のスタメン組が審判団で、30分×4の試合を行い、2点差以上で負けたチームがグランド整備担当で、もし2点差つかなかったら、昨日のスタメン組がグランド整備をするというルールで始め、2年生が1-0、1-1、0-0、0-0でトータル2-1で勝ちました。しかし、どの試合も2点差がつきませんでした。

 スタメン組が、「僕たちにもやらせてください。」と泣きを入れてきたので、ほぼ昨日のスタメンの2年生(なめてポジションはいつもと違うところ)vs1年生のガチンコ勝負をしましたら、何と1年生が1点リードしてしまい、慌てて2年生は本来のポジションに戻しましたが時すでに遅し。結局、30分で1-1の引き分けに終わりました。

 途中、水泳部の顧問の先生が試合を観ながら、「楽しそうに生き生きしていていいですね。」と言ってくれました。

 昨日、大学時代の先輩にアドバイスいただいた前頭葉の話を部員たちにしました。「怒鳴ったり、体罰で瞬間的に集中力が増し、目の前の試合に勝つことはあるが、それは本物の力ではない。前頭葉が萎縮して創造的なプレーはできない。楽しく前向きに取り組んで前頭葉を活性化させよう。昨日の試合は少し前頭葉が萎縮していたかも?なぜなら、今日の試合のようにワンツーが決まったり、アイデアのあるプレーが出て観衆が盛り上がるシーンが昨日はあまりなかった。スポーツの語源はラテン語のdesportareだという説がある(以前、横浜で行われたサッカー研究会でサッカージャーナリストの永井洋一氏が話されました)。」

 「ところで、portの意味は分かるよな?」と部員全員に聞きましたが、反応なし。さらに、「importやexportは分かるよね?」とある1年生に確認しましたら、「分かりません!」そこで、単語テストでいつも8割以上得点している2年生に尋ねましたら、「輸入、輸出です。」

 そして私が、「そうだ。ということは、portに入るのが輸入、出て行くのが輸出だ。つまりportは?」と質問。ある部員が「空港」と答え、私が、「portを初めて使った頃空港があったかな?」と聞き返すと、「港!」と複数の部員が答えました。

 私は、「そうだ港だ。desportareは港から出て自由になるという意味があるらしい。だから、スポーツは自由な発想で自分の判断でやるのが基本だ。誰かに怒鳴られて言われた通りにやるものではないし、楽しくやるのがスポーツだ。」と話しました。

 importの意味が分からなかった1年生が、解散後に寄って来て、「先生、失敗して恥をかくことは大事ですね。僕は2度とimportの意味を忘れません。」と言ってきました。

 そうさせるのではなく、そうなるように仕向けることができたのかもしれません。彼の今後の英語の成績が、どうなって行くのか楽しみです。

 
 
  1. 2013/02/10(日) 20:37:50|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

新人戦 県大会 vs川口北高校

本日、9日(土)に新人戦の県大会が行われました。相手は川口北高校でした。

残念ながら結果は0-1と惜敗してしまいました。随所に良い形で攻めるシーンもあり、熊高の粘りのサッカーができたものの、あと一歩及ばず…という結果になりました。

とはいえ、下を向いているわけにはいきません。11日より北部のU-18の試合が始まります。全員で前を向き、次を目指して頑張っていきましょう!!

お忙しい中、応援にかけつけてくださいました、保護者、OB、関係者の皆様、どうもありがとうございました!

IMG_3028_R.jpg

IMG_3032_R.jpg

IMG_3038_R.jpg

IMG_3041_R.jpg

IMG_3043_R.jpg

IMG_3046_R.jpg

IMG_3051_R.jpg

IMG_3056_R.jpg

IMG_3054_R.jpg

IMG_3070_R.jpg

  1. 2013/02/09(土) 23:33:01|
  2. 試合結果

明日、14:30から西武台高校第二グランドにて、川口北高校とベスト8をかけた試合が行われます。

今日の練習は、2年生が先に終わり、円陣を組んで一人一言言った後、後から終わった1年生に、キャプテンが、ここまで来れたのは、1年生の支援があってこそと礼を述べてから一緒に円陣を組んで心を一つにしていました。キャプテンのこういった気配りを見て、我々も生徒も、組織が成績を残すために何が必要かを学んでいる気がします。


  1. 2013/02/08(金) 22:52:15|
  2. 顧問のひとりごと(福島)

カテゴリ

最新ニュース (12)
部活動紹介 (5)
練習メニュー (3)
試合結果 (52)
スケジュール (20)
顧問のひとりごと(高田) (0)
顧問のひとりごと(福島) (737)
顧問のひとりごと(長島) (0)
関係者専用 (1)

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

カウンター

月別アーカイブ

プロフィール

kumako

Author:kumako
熊高サッカー部オフィシャルサイトへようこそ!

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する